野菜が食品の法則、ヨーグルトも忘れずに

普段の食事では、野菜を山盛り摂るようにしています。肉や食べ物がメインの一生だと腸内で悪玉黴菌が作られ易くなり、これによって腸内環境が乱れると疲れやすくなったり、寝込んでしまうことにもなるので、野菜の食物繊維は大切ですね。

食物繊維も命だけど、発酵食事も健康にいいと聞きます。納豆、味噌汁、漬物、ヨーグルトがこういう友達だ。

出来ることなら常々食べたいと思い、納豆、味噌汁、ヨーグルトを常々食べて掛かる時季がありました。

但し、今になって想うのは、味噌汁は塩気を手広く取り入れるので、毎日は高血圧防御の点では相応しくありません。今は、3日に1回ぐらいの調子になりました。

納豆はたんぱく質で、マスターに時間がかかるので常々食べていたら胃もたれしてしまいました。

目下、常々染み渡るのはヨーグルトだ。食べ過ぎはやばいから、スプーン5杯分のボリュームを目安にしてある。盛るときに、ホエーという汁くさいパートを意識して混ぜるようにします。水っぽいので敬遠されやすいですが、こういうホエーは栄養の群生です。

汁をいくぶん入れるだけでカルシウムやビタミンが効率よく補填できます。歯を白くする歯磨き粉を使ってみようかな~