養育をするようになって、我がこどもからツボを学んでいる。

ぼくには3歳になる子どもが来る。
おめでたインナーも阻止が終始、来院に引っかかったりおめでた悪阻で何ヶ月も入院したりって至って厄介でした。やけにTVやメディアなどで「面白いマタニティライフ」などと言われていますが、ぼくにはこんなセリフを一度も思う状況がありませんでした。
分娩とともに辛かった悪阻も終わり、ご飯も美味く食べられるようになりました。しかし喜んだのも束の間で、壮絶な子育てにジャンジャン疲れ果てていきました。
やっぱり本日思い返しても、0年の辺りが群を抜いてしんどかっただ。3時機おきに胸と言われていますが、じつは3時間もありません。寝かしつけに2時機なる時もあるので、普段連続してなくなる就寝は30分もありません。あの辺りは苦しくて辛くて、どうして幼児をつくろうと思ったのだろうと何となく後ろ向きなことを考えてしまいました。
も、その忌まわしい子育ての先には何にも変えられない歓びが待っていました。その歓びは、我が子供がこちらを見て笑ってくれたとか、寝返りが出来たとか。こんな些細なことなのですが、これほどまで歓びを噛み締めたことはありませんでした。
はえば立て立てば歩めの親心、は言いますがつくづくその通りで、成長して覗く我が子供が愛おしく待ち遠しくて仕方ないのです。その時に、今まではあまりに厄介すぎて、自分のやる気を全く見失ってしまっていたのだと気付きました。
1年になれば夜泣きもあったり、癇癪もイヤイヤもありましたが、あの壮絶な0年期を乗り越えたことが私の自負になり、面白みを見つかりながら子育てができていらっしゃる。
最近では、純粋でキュート我が子供から色んな歓びを気付かせてもらっています。生涯にかけてもこの子を守っていこうと思います。青汁大麦若葉の飲みやすいのはこれ!