反エイジズムによって。年齢についての定番を取り換える

「エイジズム」という人真似があります。語尾がイズムで終わっているから、「~合言葉」みたいな趣旨でしょう。日本語にすると「年合言葉」になるんでしょうか。
エイジズムは、「体力のマイナスなどの年は仕方ないものであり、年を諦めることはできない。また老化現象は破棄はなく、ひと度老化したものを拡張(若返り)することはできない」という思案だそうです。誠に普通のコメントのように聞こえます。でも、前向きに高齢社会に関して考えて介護警備などを進めている自分にとっては、エイジズムは時代遅れの間違ったコメントなんだそうです。
反エイジズムの輩曰く年は普遍的なものではありません。大仰に言うと老化しない輩も掛かる、に関しましてでしょうか。さすがにまるまる老化しないのはアニマルとして不可能ですが、年は人によって個人差が甚だしく物すごく、老化現象の裏目をもろに受けている輩って、上手く逃れている輩がいる、についてのようです。確かに90才とは思えない健康的な輩っていますね。そうしたら、年は不可逆病状ではない、と考えるそうです。元に戻せる、若返ることができる、ということですね。確かに筋トレなどの運動をするって、複数であっても(それこそ100才ほどても)体力は上昇するらしいです。
年や高齢ゆえの疾患には避けられないこともあります。でも、エイジズムを取り払って楽しい高齢化社会を目指そうという解釈には力づけられるものがありますね。スソガ、スソわきがこれってどちらも同じ症状を指します。もしかしてあなたも・・・気になったらクリック