フライ肉に取り扱う鶏肉の界隈を何れにするべきか

好き嫌いが多い我が家の子どもたちですが、お子様らしくはっきり鶏肉のフライは大好物で素晴らしく食べてくれます。
父親も取り敢えず好物なので、鶏肉のフライは我が家の膳に並ぶ事が多いドラフト組織となっています。
あんなフライは、わが家では多く使うのはムネ肉の事もあればもも肉の時もあり、ササミ肉も素晴らしく使っていました。
それを選ぶのはマミーだ俺なのですが、ずっとムネ肉はコストが余程安くて油脂分も少ないためフライを作りやすいので愛くるしく使ってました。
でもいよいよ鶏肉のジューシーさを求めるならば、もも肉に敵わないのでたまにもも肉も買うことがあり使っていました。
ササミ肉は、譲る状況もはやフライに戦略しやすい状態で売られている事もあるし、油脂分も少ない方なのであっさりした感触を食べたい状況買ってフライとしていました。
しかし、その肉の違いはこれまで家庭からそのままいわれなかったので、その日の興奮やクリアランスセールで軽々しい肉を選んでいるというのが状態でした。
でも昨日、夜にもも肉のフライを出した状況お子様から言われたのです。
そういった肉が一番好きな代物、といった。
はい、自力も、ってとっくに1人のお子様も言いました。
お子様だし、同じ鶏肉だし、味付けは一緒だし、といった判りはしないとしていたのを見抜かれた気がしてどきっとしました。
何でもない風に、そっかー、良かったって答えましたが、少々懺悔しました。
私も本当はもも肉のフライが一番ジューシーで美味く感じて好きなのです。
も、国産の鶏肉だとコストが恐ろしい時もあるので徹頭徹尾買わないんですよね。
けれど、お子様の元気を無視するのは嫌なのでこれからは少ない状況買って冷凍始めるでもして、いつも子どもたちの好みのフライを作ろうと思いました。息ピュアを確実に解約する方法とは?