ごはん後に自宅を視察、猫といったウサギの初顔合わせ

父親の母体のお年令が月曜日だったので、土日の夕飯後半ワインをもちまして義実家を訪れました。

義実家ではウサギを2匹飼ってあり、うちでは猫を飼って生じる。
カジュアル訪問するときうちの猫は連れて行かないのですが、滞在時間もまるで少ないから断然連れて行きたい!といった、父親がお父様に許諾を取ってうちの子供を連れて行くことに。

勿論車の運転はボクがしました。
うちの猫は車に乗るのはレジスタンスがないのですが、家から離れるって落ち着かなくなりニャーニャー鳴き、後部座席に移ろうってしたり運転イベントの下に入ろうというしたりという危険。
15当たりほどの引っ越しだったのでそこまで長くではなかったのですが実家へつく頃に亭主の被服は毛むくじゃらになりました。

実家に関して猫を中に添えるといった落ちつかなみたいに調を嗅いで転じ、少し落ち着くというお庭の芝を食べって自由に過ごす猫。
当然その間は取り入れをつけて居残る。

うちではケージを使わずどこかに赴きは本当に取り入れです。
実家のウサギたちは内部から猫の見た目を伺っていたのですが、気になったのか猫の見た目を伺いに広間から出てきました。
ウサギを見たことがなかったうちの猫は、いきなりの面談にビックリのかシャーといって警戒する処置。
離れた部位で宥め抱っこしたりしてやっと落ち着きました。

業者ちょっと滞在して家に帰りました。
猫は疲れたのかぱっぱとしっかり眠ってしまいました。初めての体験で疲れたんでしょうね。そんなOffでした。残念ながら一度黒ずんだデリケートゾーンは乙女の色を取り戻せない?続きはここ