あつあつの味噌おじやは女の諳記とともに

味噌がうまい信州に移転してから、それまでは味噌嫌いだった旦那が積極的にみそ汁を飲むようになりました。昔はいくら体によいといった勧めてもとても触手が動かなかったフィーリングの旦那も、信州の味噌は愛するようなのです。毎朝旦那のために工具無しのみそ汁をつくり、起きがけにたっぷり飲んで食らうのが最近のお決まりになっています。これはもう全く薬仲立ちですね。さて私のおうちLunchは、朝飯で少し残るお味噌汁に冷凍食事で、味噌おじやを捜しあてることがあります。冷凍食事を電子方面で解凍してお味噌汁に入れ火にかけます。沸騰したら弱火でコトコトという少し煮ます。最初はみそ汁の間を泳いでいた白米がだんだんとモイスチュアを吸って膨らみます。しばし我慢してフィーリングを見ているとお味噌汁のモイスチュアが少しずつ減っていき、ねっとりと白米にまとわりついてしまう。ふつふつしてきたら、いざ出来上がりです。大きめのお椀に盛り、七味唐辛子をかけいただきます。小さい頃は朝飯を取るのが面倒くさくて、いまひとつ飯にお味噌汁をかけて食べ、夫人に怒られていたのを思い出します。今でもお椀の下にミニの挿絵がちょい留まるお味噌汁を飯にかけて食べると、そのことを思い出し怒っていただける第三者がいた時分を懐かしく思うのです。小さい頃に食べ慣れたものは年を極大体躯が楽に受け付けてできるものです。アツアツの味噌おじやは体躯に優しく、そしてある程度ほろ苦いメモとともに、リライアビリティをもたらしていただける。食べてますけどなにか?コレでも普通に食してますが?フンッ、ファティーボを購入してみてろよ!